ネットワークレジは酒販店のために開発されました

2019年10月1日から消費税率が10パーセントに引き上げられますが、食料品については8パーセントのまま据え置かれます。
そこで、酒と食料品をあわせて取り扱う酒販店は、10月1日までに、複数の消費税率に対応できるレジを用意する必要があります。

ほとんどのお店が、どんなレジを選んだらいいか、迷っておられます。

でもご安心ください。ネットワークレジがあります。

ネットワークレジは 酒販店が、2019年10月からの消費税10%導入・軽減税率(複数税率)実施に対応するために開発された、Windows10用のレジプログラム です。
ネットワークレジは、レジとして当然に備えるべき機能に加え、酒販店ならではの販売方法にも対応し、しかも購入に当たっては軽減税率対策補助金を受けることができます。

ぜひネットワークレジの購入をご検討ください。

ネットワークレジは、発売元の日本酒販店ネットワーク事業協同組合(JSNA)と契約をした販売店から購入できます。